第12回定期演奏会


12回定期演奏会

モーツァルト:歌劇「ドン・ジョバンニ」KV527より序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64アンコール チャールダッシュ
モーツァルト:交響曲第38番ニ長調KV504「プラハ交響曲」
アンコール P. マスカーニ 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より「間奏曲」
ヴァイオリン独奏:木村みお、指揮:岩田俊之、司会:池内英美子、場所:三木市文化会館小ホール







今回は最も難曲と思われたメンデルスゾーンの協奏曲に大絶賛をいただきました。やはり木村みおさんの繊細で熱情的なヴァイオリンが会場にいた全ての人を魅 了しました。「木村みおさんのヴァイオリンがういういしかった」というおそらく小さな子供と思われるコメントに現れているように、子供にも大好評でした。 当日朝のリハーサルのときから木村さんの周囲には演奏会に全力を賭けるプロ魂のようなものが漂っており、オーケストラも指揮者もそれに惹かれるように本当 に情熱的な演奏でした。そして「プラハのモーツァルト」をテーマにした2曲は、メンデルスゾーンの情熱とは対極の、きわめて繊細で心安らかになる演奏で、 「プラハの宮廷音楽の気分を味わえた」というお客様からのコメントもいただきました。