◇モーツァルトの交響曲を訪ねて 

最近、少しゆっくりする時間ができたので、これまで一度も全曲を聞いたことがなかったモーツァルトの交響曲を最後の41番から1曲ずつさかのぼって、1番までたどってみようと音楽の旅にでました。

しかし、最近は、交響曲全集など高価なものは持ってなくても、ネットで“Mozart Symphony No.○○”とか、“Mozart K.○○”で検索すれば、世界中から検索できるので、モーツァルトが作曲したほとんどすべての曲は、youtubeで聞けることがわかりました。
(他の作曲家も英語で検索すれば、大抵引っ掛かります)

そこで、通勤中の電車や会社までのウォーキング中に、youtubeを使って、早速モーツァルト交響曲巡りの旅に出ました。

そこで聴いた曲の印象を単純に好き・嫌いで○×を付けてみました。

以下がそのメモです。

・交響曲第41番ジュピター K.551 ◎
 4楽章は圧巻。
・交響曲第40番 K.550 ◎
 4楽章はまさに疾走する悲しみ。
・交響曲第39番 K.543 ◎
 出だしはベートーベン? モーツァルトにしてはシリアスな雰囲気。不協和音が混じって革新的。
・交響曲第38番 K.504 プラハ ◎
・交響曲第37番 K.444 △
・交響曲第36番 K.425 ○
・交響曲第35番 K.385 ハフナー ◎
・交響曲第34番 K.338 △
・交響曲第33番 K.319 △
・交響曲第32番 K.318 ○
 面白い曲。一楽章しかなく、『序曲』と言われているそうです。
・交響曲第31番 K.297 パリ △
・交響曲第30番 K.202 △
・交響曲第29番 K.201 ○
・交響曲第28番 K.200 △
・交響曲第27番 K.199 △
・交響曲第26番 K.184 ○
・交響曲第25番 K.183 ○
 次回の定演でしますね。モーツァルトの映画と言えば、この1楽章です。
・交響曲第24番 K.182 △
・交響曲第23番 K.181 △
 2楽章○
・交響曲第22番 K.162 △
 3楽章は楽しい○
・交響曲第21番 K.134 □
・交響曲第20番 K.133 ○
・交響曲第19番 K.132 ◎
・交響曲第18番 K.130 ○
・交響曲第17番 K.129 △ 第2楽章Andanteは、以前NHKのある番組のオープニング曲だったのでは。とてもきれいな美しい曲で2楽章◎。アンコールに使えそう。
・交響曲第16番 K.128 △
・交響曲第15番 K.124 ○
・交響曲第14番 K.114 ○
・交響曲第13番 K.112 △
・交響曲第12番 K.110 ○
・交響曲第11番 K.84 ○
・交響曲第10番 K.74 ○ 4楽章は◎
・交響曲第9番 K.73 △
・交響曲第8番 K.48 △
・交響曲第7番 K.45 △
・交響曲第6番 K.43 △
・交響曲第5番 K.22 ○
・交響曲第4番 K.19 ○
・交響曲第3番 K.18 ○
・交響曲第2番 K.17 ○
・交響曲第1番 K.16 ◎ 
 モーツァルトの最初の曲はどんな曲かわくわくしながら聞きました。
わずか8才の時、ロンドンで作曲された曲とのこと。
あれ? いきなりこのメロディーはどこがで聞いたような曲?
もしかして、モーツァルト最後の交響曲、ジュピターの4楽章に出てくるメロディーに似てる?

あまりにも劇的すぎてる?おまけに2楽章も、このメロディーを使っている。モーツァルトは余程このメロディーが気に入っていたのだろうか?

 更にモーツァルト交響曲の旅をしていたら、モーツァルトが作曲した交響曲は、41曲だけではなく、交響曲第55番と言うものが出てきました。

・交響曲第55番 K Anh 214(45b)

どこまでがモーツァルトのほんとの交響曲かわかりませんが、実際に聞いてみて、モーツァルトらしさがあれば、モーツァルトとしておきましょう。

みなさんも時間があれば、是非旅してみてください。

(2013.7.21)